消費者金融の利息の法律上の問題

0
    消費者金融取引は、長年にわたり、
    借り入れの利息を利息制限法が規定する制限を超える利率とする
    契約に基づいて行われていました。

    これは、かつての貸金業法が、
    登録を受けた貸金業者が行う金銭消費貸借取引では、
    上記制限を超える利息を支払った場合でも、一定の要件が満たされれば、
    その支払いは有効な利息の弁済とみなされる
    という規定(みなし弁済規定と呼ばれていました。)
    を設けていたため、ほとんどの消費者金融会社が、この要件を満たしている
    という前提の下で取引をしていたからです。

    このみなし弁済規定に該当するための要件は、
    貸金業者が貸付時や弁済時に法定の事項を記載した書面を交付することや、
    債務者の支払いが任意にされたものであることなどでした。

    ところが、比較的最近になって、最高裁判所が、
    約定の利息の支払いを怠ったときは期限の利益を失う
    という条項がある契約に基づき上記制限を超える利息が支払われた場合には、
    原則としてその支払いは任意にされたものとはいえない
    という趣旨の判決をしたことから、
    上記制限を超える利息としてこれまでに支払われてきた分が無効となり、
    多くの取引で過払い金が生ずることとなって、
    今日の過払い金返還請求の爆発的な増加という事態が生じたのです。

    返済方法を知ろう

    0
      金貸しのメリットやデメリットについて知ったら、
      次に知りたいことはなんでしょうか。
      それは、返済方法についてだと思われます。
      気になるのが、この返済方法ではないでしょうか。
      その返済の仕方でもずいぶんと総返済額も変わってきますよ。
      なぜかというと、返済の方法にもさまざまな仕組みがあり、
      どれを選ぶかによっても月々の返済額やボーナスでのお支払いがあるのか
      ということもまったく違います。
      まずは、変動金利と固定金利どちらを選ぶのか
      ということもその返済方法ではないでしょうか。
      どちらがよいのかということですが、
      低金利時代の現代では変動金利を選んでおくとより有利だと言われています。
      なぜかというと、金利は日々変動しています。
      つまり、どんどん金利が安くなるということもありえるからです。
      その証拠に数年前に比べて、銀行の利子も少なくなっています。
      そして、それにつれて金利
      というものも下がっています。
      翌年には今の金利よりも下がることも予想されます。
      このような現代では、変動金利を選んでいると、
      その変動に合わせて金利がどんどん引き下げられます。
      一方の固定金利であれば、契約した金利のままです。
      しかし、デメリットばかりだと思われる固定金利の場合にも、
      返済の計画も立てやすいというメリットもあります。

      運営者情報

      0
        [運営サイト]
        カードローン・キャッシング情報「主婦でも借りれる?」

        [サイト運営人]
        今川 竜也

        [住所]

        [お問い合わせ]
        zv1wf42f★zoho.com 
        (★を@に変更してからお問い合わせください。)

        日本政策金融公庫について。

        0
          新規事業の融資を受ける際、銀行での融資はなかなか難しいと前回説明しました。
          それなら他にどこから融資が受けられるかと言うと、信頼性の高い所で言えば
          ”公庫”の利用があります。
          日本政策金融公庫があり、これは政府が100%出資している特殊会社ですので、
          借り入れ先としては最も信用性が高いと言えます。
          日本政策金融公庫は新規事業の育成を目的としていますので、
          新規事業の事業計画がしっかりとした融資の申し込みに対して、
          その融資は下りやすいはずです。
          その組織は営利目的の運営では無いので、融資の金利も非常に低く、
          他の金融機関に比べて圧倒的に返済の負担が少ないと言えます。

          ですので、新規事業の融資をお考えの方は、
          日本政策金融公庫より融資が受けられるかどうか、一度ご相談になると良いでしょう。
          日本政策金融公庫から融資が下りれば、
          借り入れ先が国と言っても良いくらいですので、
          その返済も安心して行えるでしょうし、
          精神的にも余裕を持って新規事業のビジネスを行えるでしょう。
          日本政策金融公庫は設立からまだ数年で世間一般での認知度は高くありませんが、
          新規事業の融資を受ける上で多くのメリットがありますので、
          これを上手に利用しない手は無いと思いますよ。

          キャッシングでお金借りるための審査をクリアするには?

          0
            キャッシングでお金借りるためには、通常、審査があります。
            融資の条件の基本は、金融機関や融資金額にもよりますが、
            一般的には、継続的に安定した収入があること、
            もしくは、返済能力に足りる資力があることです。
            中には、具体的に、前年度の収入が200万円以上、
            かつ、勤続年数が1年以上というところもあります。
            この点、銀行のカードローンの場合、審査方法は手軽で緩やかになっており、
            収入証明書と本人確認書類を郵送かFAX、
            メールで画像を添付するなどの方法で簡単に済ませることができたりします。
            一方、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者においては、
            総量規制があるため、既に借りている債務残高が年収の3分の1を超えていると、新規の貸付を受けることができず、審査が通りません。
            では、収入がない専業主婦の場合は、どうでしょうか?

            収入がない以上、お金に困っても、キャッシングすることは無理なのでしょうか?
            これについては、金融機関ごとに対応が異なっており、本人の本人確認書類とともに、
            その配偶者や世帯主の同意と収入証明書を要求して審査を行うパターンや、
            一定の金額を限度として、本人確認のみでキャッシングを利用可能
            とするところもあります。

            キャッシングのアエルのアクティブ100

            0
              キャッシングのアエルは、
              かつては貸金業を行っておりましたが既に貸金業自体を廃業しているため、
              新規に借り入れを行うことができません。

              ただネット上では、
              アエルのサービスについての記載を検索することができるため、
              貸付を行っていった頃の商品サービスを見ることが出来ます。

              アエルはメインバンクの破綻等によって、
              資金繰りが逼迫したことによって外資系のファンド会社に経営譲渡され、
              外資系のキャッシング会社となり営業を展開していました。

              貸金業を行っていたときには、
              アクティブ100
              という商品で1万円から100万円までの融資に応ずる
              ということとそしてその審査も比較的甘め
              ということで利用者が急増していった経緯があります。

              そして、年利も最高29パーセント程度でありました。
              返済期間についても最長60回から指定できる
              ということ、担保や保証人も一切不要である
              ということで当時のキャッシング会社と同じ様なサービスでもあります。

              街中での宣伝や広報活動も盛んであったために、
              その看板を見たことがある人も多かったはずです。

              借りる人にとって借りやすいキャッシングローン

              0
                急にお金が必要になった時に、
                親類や友人に借金を申し込むのは気まずいものがあります。
                それによって関係が崩れてしまったりする場合もあるので、
                後腐れの無い借り方をしたいものです。

                そんな時に便利なのが消費者金融のキャッシングローンです。

                インターネットで申し込むことができるので非常に借りやすいのが特徴で、
                借りる側にとってはありがたい存在です。
                特に便利なのが近所のコンビニのATMを利用できることで、
                いつでもどこでもお金を引き出せることです。

                初めて借りる場合は、
                どのキャッシングローンを利用すればいいか迷うところですが、
                インターネット上の比較サイトを参考にしましょう。

                基本は金利の低いところを選ぶべきですが、
                それ以外にも初めての利用者には一ヶ月に限って利子がゼロ
                という金融会社もありますから、
                すぐに全額返済する人はそのようなサービスを実施しているところを選んだ方がいいでしょう。

                消費者金融のキャッシングローンが人気があるのは、
                借りる人にとって借りやすい環境だからなのです。

                住宅ローンの2つ返済方法の差を比較する

                0
                  「元利均等返済」は、毎月の「元金と利息の合計額」が均等になる
                  という返済方法です。
                  「元金均等返済」は、毎月の「元金」が均等になるという返済方法です。
                  この2種類の返済方法で、どのように住宅ローンが変わるのか、
                  比較をしていこうと思います。
                  まずは、「元利均等返済」です。
                  こちらのほうが一般的な返済方法で、多くの金融機関で採用されています。
                  特徴としては、返済当初は利息の割合が多いということがあります。
                  そのため、最初のうちは、返済しても元金がほとんど減らず、
                  嫌になってしまうという場合もあります。
                  しかし、ある程度の「山」を越えると、
                  そこからは毎月の利息の返済額も減ってきます。
                  そうすると、返済額における元金の割合が多くなってきて、
                  目に見えて減っていくのが実感できます。
                  繰り上げ返済を併用していけば、元金だけを減らすこともできます。
                  毎月の返済額は一定ですので、家計管理がしやすいというメリットがあります。
                  「元金均等返済」は、
                  取り扱っていない金融機関もあります。

                  元利均等返済よりも、毎月の返済における元金の割合は多くなっています。
                  そのため、元金の減りは比較しても早くなります。
                  しかし、利息の支払もありますので、
                  最初の頃は合計の返済金額がかなり多くなります。

                  やっぱり気になるのが金利

                  0
                    ローンを組むうえで、金利を調べることは、
                    特に重要だと思ってほしいんです。
                    ローン会社の金利は、どこもほとんど同じだと思われるかもしれませんが、
                    よく見てください。
                    わかりやすいのは、比較サイトでしょう。
                    比較サイトであれば、
                    複数のローン会社の金利を比べることが簡単にできてしまうからなんです。
                    よく見てみると、結構、金利が違っていることに気がつくことでしょう。

                    金利を比較したら、適当にローン会社を選ばなくてよかったと思うはずです。
                    どうせなら、金利が低い会社でローンを組みたいって思うでしょう。
                    実は、金利が低い会社は、審査が厳しいんです。
                    信頼できるかどうかという問題がここで生じてきます。
                    自分の情報をローン会社が見て、信頼できると思ったら審査が通るじゃないですか。
                    信頼できる人であれば、金利が低くてもローンを組んでもらおうって
                    会社は思うわけです。
                    逆に、信頼できないと感じてしまうと、低い金利でローンを組んでもらおうなんて
                    思われないということです。
                    ただし、最近は、金利が低いローン会社でも
                    審査がゆるくなってきているという話もあります。
                    なので、試しに金利が低いローン会社に申し込んでみるというのも
                    いいんじゃないかって思います。

                    すぐ海外で使えるお金がほしい時に必要なもの

                    0
                      確かに、銀行のATMは海外にもたくさんあります。
                      小さな街でも、ATMは設置されているという場合が多いです。
                      しかし、すぐに海外で使えるお金がほしいとしても、
                      ATMだけではどうにもなりません。
                      ATMを利用するには、キャッシングが出来るカードがなければいけません。
                      どのようなカードがあるのでしょうか。
                      まずは、銀行のキャッシュカードという選択肢があります。
                      この場合、日本の銀行ではほとんど海外では使うことができません。
                      シティバンクやHSBCといった、海外の銀行口座を持っていれば、
                      その銀行の海外支店のATMで利用することができます。

                      他にも、海外の銀行で日本でも口座を作れるところはありますが、
                      前述した2行が、利便性やネットワークの面でも有利でしょう。
                      それ以外には、国際キャッシュカードという選択肢もあります。
                      これは、銀行口座がなくても利用できます。
                      あらかじめ、カードにお金を入金しておくことで、
                      その範囲内で海外でキャッシングをすることができるというものです。
                      さらに、クレジットカードという手もあります。
                      手数料や金利が多少高くつきますが、利便性ではナンバーワンかもしれません。
                      もちろん、キャッシュカードとしてだけではなく、ショッピングとしても使えますし、
                      デポジット代わりにもなります。